TOP ホーム
STANDARDS CFAスタンダード
HANDBOOK レックスのマニュアル
ADULTS 大人のねこたち
KITTENS 子ねこたち
LINKS リンク
WEB LOG ブログ
GOOP & GOODS グープお買い物
CONTACT US メール
CFAスタンダードとは?
簡単にいうと、CFAが定めた品種ごとの特徴をまとめたものです。重要な部位の配点は高くなっています(合計100点満点)。団体によりスタンダードの内容や配点が異なることがあります。
ブリーダーはこれを基準にして品質の良い繁殖を目指します。
コーニッシュレックス
部位 配点 特徴 解説とブリーダーコメント
5点 卵型。緩やかにカーブした輪郭。頬骨が出てはっきりしたウィスカーブレイク。発達した顎。 ウィスカーブレイクは頬骨の下、髭付近の窪み。
口と鼻 5点 丸みがあり先端がやや細くなるマズル。
ローマンノーズには高いブリッジがある。ノーズレザーの終わりから顎までは真っ直ぐ。
ローマ人のような鷲鼻。眉間から鷲鼻の間にある窪みがノーズブレイク。
5点 楕円〜卵型。アーモンドではいけない。やや上向きに傾斜。目と目の間は目1つ分ゆうに離れる。色は被毛に適切。 「色は被毛に適切」とは、毛色と目色の関係は何通りかに決まっていて、ありえない毛色と目色の組み合わせは失格になる。どの目色にしても濃いほど良い。コーニッシュのグリーンアイやカッパーアイはほとんどいない。
5点 大きく付け根から広く直立している。頭の高い位置に付く。 ラビットイヤーと表現される。カップは外を向かず正面を向き、揃って直立する。耳と耳の付け根の間は寄っている。耳先の方向は左右に離れない。
横顔 5点 2つの凸型。額は丸くノーズブレイクは滑らか。 額〜後頭部に平らな面や段差がないこと。
体の大きさ 3点 小〜中型、オスはやや大きい。
見た目よりも驚くほどの重さがある。
筋肉の感触がゴムのよう。
胴体 10点 胴体は筒状ではない。筋肉質で丸みのある尻。立った姿勢はアーチ型で腹側はタックアップ。 胴を輪切りにすると、切り口は円ではなく楕円型になる。
アーチとは厳密には「へ」の字を描く。全身に力が入った状態で立つとへの字を見ることができる。肩甲から尾の付け根までの長さの2:3あたりで折れ曲がる。
同じくタックアップも筋肉質な子ほど美しく切れ込む。
5点 長く細いが筋肉質で腿は大きい。
ポウパッドは華奢な楕円。
骨は細くても筋肉は豊富。
5点 長く先細り。とてもしなやか。 鞭のようなと表現される。
骨格 5点 細く華奢。  
2点 細長い。  
毛の生地 10点 短くてガードヘアがない、絹のようにとても柔らかい。均一な波が体に沿って寝ている。 マーセルウェーブと呼ばれる。毛をめくるとS字のカールが規則的に並んでいる。そのS字の約半分が体に張り付くように寝ている、後の毛先半分が列に並び前後の列と重なって段々のように見える。
毛の長さ 5点
毛の巻き 20点
毛の寝方 5点
毛色 5点 全ての毛色、全てのタビーパターンなどが有効。
ロケットやボタンは減点の対象にはならない。
アンダーコートしかないため、「ソリッドかスモークか」「タビーかゴーストか」のような曖昧なカラーに見えることはやむを得ない。
コーニッシュが猫種として確立する以前には、シャムやオリエンタルと異種交配をしている時期があったため、ポイント(シャム)カラーやタビーカラーのコーニッシュが稀にいる。但し、それらの色は骨格や体型にもシャムの遺伝が強く出るため、CFAブリードカウンシルでは邪道としている。ポイント由来の色(チョコレート、ラベンダー、シナモン、フォーン)についても同様。
失格  キンクまたは異常な尾。指の数の不正。ガードヘアがある。下半身の非行。不健康。  
減点  粗雑な毛。著しく毛がない部分がある。 脱毛はコーニッシュである限り避けられない現象なので、失格ではなくあくまでも減点として扱われる。
その他  体温が高い。
知的で機敏で触れられることを好む。
異種交配不可。
オリエンタルタイプに分類される細長い種類とはいえ、どの部位においてもオリエンタル/シャムの要素が見当たらないことが望まれる。直線と角でできているオリエンタル/シャムに対し、コーニッシュは曲線でできている。
ハンドリングについて 動きが機敏であるため、審査中逃げないようにしっかりと押さえつけられる場合がありますが、これは逆に猫に恐怖感を与えます。頭が良い猫種なので、目を合わせて声をかけたり、匂いを嗅がせたり、心音を聞かせたり、と、敵意がないことを理解すれば猫は落ち着きます。
台の上では喉元や背中をなでていれば逃げだすことはありませんし、背中をゆっくりとなで下ろすと、腹部から腿にかけてのゾクゾクと動く筋肉の躍動を見ることができます。
アーチ型やタックアップはジャッジが猫を折り曲げ縮めて作るものではなく、目を合わせて声をかけてやると、自ら伸びて立ち、アーチやタックアップを強調します。
コーニッシュの被毛は磨耗しやすいので、コートコンディションを見る際、あまり強く擦ったり繰り返し擦ったりはできるだけ避けて頂きたい。
セルカークレックス
部位 配点 特徴 解説とブリーダーコメント
頭蓋骨 11点 丸く幅広く豊かな頬。頭蓋骨の構造はスムーズで丸い。 ペルシャとのハイブリッドが認められているが、ペルシャのような額の凸凹があったり、鼻が短すぎるものは良くない。頭部はちょうどガーフィールドをイメージすると良い。
大人のオスには特にジャウル(二重顎)が見られる。
ウィスカーパッドは口の上の髭台。
口と顎 11点 中ぐらいの幅のマズル、骨格構造は丸いが、ウィスカーパッドにたくさん詰め物をしたように、見た目の印象は四角い。横顔の頬の線よりはっきりと出っ張る。
顎は頭の大きさと釣り合いが取れる程度でしっかりと発達しているが、突き出ていたり過剰にがっしりしてはいけない。
噛み合わせは水平でもハサミでも良い。
耳と目 11点 中ぐらいの耳、根元が広く先細りで、よく離れて位置する。頭の輪郭に調和する。
大きく丸い目、よく離れて位置する。目尻はほんのわずかに高くなって可愛らしい表情。
胴体 15点 中〜大型。がっしりした筋肉質。横から見て、長すぎない長方形で背中は平ら。お尻はわずかに高くなっている。上から見て肩幅とお尻の幅は同じ。  
13点 中〜長い。しっかりした骨組みで体と釣り合う。足先は大きく丸くしっかりしている。  
5点 体と釣り合いが取れる中ぐらいの長さ。根元は太く次第に細くなるが、先は尖っていない。  
毛の手触り
密度、巻き
33点 ガード・ダウン・オーンの3種類の毛でできている。厚く豊かで体から突き出て立つように生える。明らかなカールでフラシ天の様な手触り。巻き方は不規則でルーズにまとまる、一面に波打つというよりも固まりのように見える。密着して寝てはいけない。
子猫のカールは少ない(緩い)。
セルカークのコート遺伝子は「ホモ」「ヘテロ」「直毛」の3種類がある(「巻き毛のDNAについて」へ続く)、それぞれに短毛と長毛がある。
「フラシ天」はテディベアを作る布のこと。腹側とフリルが特によく巻いている。
セルカークの長毛と短毛の違いはフリルと尾の長さで区別されるため、ボディの毛が短くても長毛に分類されることがある。
巻き方は不規則なので、部位によってカールの斑がある。
毛色と目色 1点 全ての毛色、全てのタビーパターンなどが有効。
ロケットやボタンは減点の対象にはならない。
ハイブリッド(異種交配)によってりカラーに拘った繁殖をすることができないため、曖昧なカラーや曖昧なパターンはやむを得ない。色の重要度は1点にすぎない。
失格  エクストリームな鼻。不正咬合。斜視。直毛。キンクまたは異常な尾。指の数の不正。不健康。 眉間から鼻への窪みがペルシャのように深くてはならない。
減点  過剰なコビー型、またはオリエンタル型。 「コビー型」とはペルシャなどのような短胴型。「オリエンタル型」とはコーニッシュのように最も細長いタイプ。
その他  メスよりオスの方がガッチリしている。
甘く可愛く人をひきつける性格。
バランスが良いこととガッチリしていることが重要な猫種である。
現在はブリティッシュショートヘア、ペルシャ、エキゾチックショートヘアと異種交配可能。
大柄なのにベビーフェイス、ゴツイのに愛想良し、生きた縫いぐるみというイメージ。
セルカークは、セルカーク同士の交配を繰り返すと、先祖返りして顔や体格が細長くなってしまうため、ブリティッシュSHやペルシャと程好くハイブリッド(異種交配)することによって、丸くふっくらとした形を維持する。
ただし、ペルシャの容姿に偏りすぎたセルカークではいけない。
巻き毛のDNAについて セルカークの巻き毛は優勢遺伝であるため、ハイブリッド(異種交配)の子猫にも巻き毛が生まれる。
セルカークのコートDNAには「ホモ接合型(同じ対立遺伝子)」、「ヘテロ接合型(異なる対立遺伝子)」、「直毛」の3種類がある。ホモは当然巻き毛であり、優性遺伝の場合はヘテロも巻き毛になる。
(※コーニッシュやデヴォンレックスの場合は劣性遺伝のため、ヘテロ接合型の猫は直毛になる。)
巻き毛はショーに出陳することができる。直毛はショーに出陳できないが、セルカークとして登録され、血統書を発行でき、繁殖することも認められている。

例えばヘテロ(巻/直)遺伝子を持つ父と、同じくヘテロ(巻/直)遺伝子を持つ母を交配した場合、子猫は両親から1つずつ遺伝子をコピーするため、
  ホモ(巻/巻)
  ヘテロ(巻/直)
  ヘテロ(巻/直)
  直毛(直/直)
このバリエーションで子猫が生まれることになる。つまり、巻き毛が生まれる確立は75%(内、ホモ25%、ヘテロ50%)、直毛25%。
ホモ(巻/巻)と直毛(直/直)の両親から生まれる子猫は
  ヘテロ(巻/直)
  ヘテロ(巻/直)
  ヘテロ(巻/直)
  ヘテロ(巻/直)
つまり巻き毛が100%(ヘテロ100%)生まれることになる。
ホモ同士を交配すると代々巻き毛の効率が良くなるわけだが、ヘッドやボディの形を作るために、ブリーダーは3世代4世代前後を計算してハイブリッドを導入しなければならない。

ホモとヘテロの巻き毛の違いとして、ホモは非常に油っぽく毛が細い、また無毛期がある。ヘテロも換毛するが無毛までにはならない。
カラーチャート
両親の色によって子猫に生まれる可能性のある色を知ることができます
Sire
Black Blue Red Cream
Dam Black Black
Blue
Black
Blue
Black
Blue
Black
Blue
Black
Blue
Tortoiseshell Black
Blue
Blue-cream
Blue Black
Blue
Black
Blue
Blue Blue Black
Blue
Tortoiseshell
Blue-cream
Blue Blue-cream
Red Red
Cream
Tortoiseshell
Blue-cream
Red
Cream
Tortoiseshell
Blue-cream
Red
Cream
Red
Cream
Red
Cream
Red
Cream
Cream Red
Cream
Tortoiseshell
Blue-cream
Cream Blue-cream Red
Cream
Red
Cream
Cream Cream
Tortoiseshell Black
Blue
Red
Cream
Black
Blue
Tortoiseshell
Blue-cream
Black
Blue
Red
Cream
Black
Blue
Tortoiseshell
Blue-cream
Black
Blue
Red
Cream
Red
Cream
Tortoiseshell
Blue-cream
Black
Blue
Red
Cream
Red
Cream
Tortoiseshell
Blue-cream
Blue-cream Black
Blue
Red
Cream
Black
Blue
Tortoiseshell
Blue-cream
Blue
Cream
Blue
Blue-cream
Black
Blue
Red
Cream
Red
Cream
Tortoiseshell
Blue-cream
Blue
Cream
Cream
Blue-cream
Silver, Brown⇒Black, Cameo⇒Red
団体によって異なるカラー名称と簡単な説明 ▲印=先祖返りによって遺伝子が欠けたもの
ユーメラニン褐色因子 フェオメラニンオレンジ因子
ブラック
(ポイント=シール)
ブルー レッド
(ポイント=フレーム)
クリーム

アグーチ CFA ブラウンタビー
(アビ/ソマリ=ルディ)
ブルータビー
(アビ/ソマリ=ブルー)
レッドタビー クリームタビー
TICA ブラックタビー
(アビ/ソマリ=ラディ)
(アビ/ソマリ=ブルー)
FIFE ブラックタビー (アビ/ソマリ=ブルー)
褐色遺伝子 チョコレート
(オリエンタル=チェスナット)
ラベンダー
(ポイント=ライラック)
シナモン因子 CFA シナモン
(アビ/ソマリ=レッド)
フォーン
TICA (アビ/ソマリ=ソレル)

アグーチ
インヒビター
CFA シルバータビー ブルーシルバータビー レッドシルバータビー
(カメオタビー)
クリームシルバータビー
(クリームカメオタビー)
TICA ブラックシルバータビー
FIFE ブラックシルバータビー
アグーチ
インヒビター
ワイドバンド
CFA シルバーシェーデッド ブルーシルバーシェーデッド レッドシルバーシェーデッド
(カメオシェーデッド)
クリームシルバーシェーデッド
(クリームカメオシェーデッド)
TICA ブラックシルバーシェーデッド
FIFE ブラックシルバーシェーデッド
アグーチ
インヒビター
ワイドバンド
▲アグーチ
ブラックスモーク ブルースモーク レッドスモーク クリームスモーク
アグーチ
インヒビター
▲インヒビター
CFA ブラウンタビー ブルータビー
FIFE ゴールデンタビー ブルーゴールデンタビー
アグーチ
インヒビター
ワイドバンド
▲インヒビター
ゴールデンシェーデッド ブルーゴールデンシェーデッド
TOP | STANDARDS | HANDBOOK | ADULTS | KITTENS | LINKS | WEB LOG | GOOP | MAIL
Copyright (c) REX-BOX